HOME > 活動アルバム > アーカイブ > 活動の記録(2018) > はやぶさ2がリュウグウへ!

皆さんは覚えているだろうか?
あの山口はきらら浜からメッセージを送ったことを!!!

2019年2月22日についにはやぶさ2がタッチダウン!

メッセージがついにリュウグウに届いた!?

2013年8月にさかのぼる…


 皆さんは覚えていますでしょうか?
 2013年8月の暑い夏、山口はきらら浜は(16NJ)での出来事を…真っ黒に日焼けしたスカウト達が楽しそうに遊ぶプログラムエリアのサイエンスモジュールにて、(神奈川連盟)がJAXAの協力を得て、「宇宙の技術」というエリアを展開しました。



そのブースでは…


 多くのスカウトがプログラムに参加をして、当時のはやぶさの不屈の闘志と偉業をはじめとしたパネル展示など、日本の宇宙開発に目を輝かせていました。










 そこでは、ハヤブサに搭載された回収カプセル(レプリカ)も展示されていたようです。当時のスタッフ(指導者)がとても慎重に扱っていたと聞いております。







 
 そのブースのチャレンジする内容の中にこういうものがありました。(覚えています?…その中の一枚ですが、メッセージと名前等は消してあります)
 宇宙服は着ると手元が見えないので、かがみで反射をさせて見る体験を実際に(宇宙服は着ませんが)かがみを見ながら鉛筆を走らせて、操作の難しさを体験したあとに、「もしも宇宙飛行士になったら・・・?」という(C)JAXA夢が広がる問いに多くのスカウトが夢のある事を沢山書いてくれました。
 その数931人分!それを全部、JAXAに送りはやぶさ2に載せてもらいました。2億8千万kmのかなたへ約32億kmの旅を一緒にしたわけです!



そして出発…リュウグウへ


(C)JAXA このハヤブサのどこか場所はわかりませんが、ターゲットマーカーというリュウグウ(小惑星)へ近づく為に投下される装置や採取したものを持ち帰ってくる再突入カプセルなどに記録されているそうです……ん?という事はもしかしたら、リュウグウに着陸してそのままリュウグウへ滞在という可能性もあるという事かもしれません!?
 そのハヤブサがH-IIAというロケットで平成26年12月3日に打ち上げられ(かっこいいですよね)、無事に宇宙へ!


(C)JAXA ちなみにこのH-IIA型ロケットは高さ53m(17階建てのビルぐらい)、重さ289tあり、約3,000kg~6,000kgぐらい(車3~4台分ぐらい?)のものを宇宙に運べるそうです。

イラスト:池下章裕



 かっこいいですよね。地球を離れ2億8千万kmのかなたへ約32億kmを実に約4年と2ヶ月をかけての旅です。

イラスト:池下章裕












そして、ついにタッチダウン


イラスト:池下章裕
 TVやネットでのニュースでご存じの通り平成31年2月22日に無事にタッチダウン。皆さんのメッセージと共に宇宙旅行をしたわけです!!!
(リュウグウに影の映っている画像をここに載せられないのが残念!)

あとは……元気に帰ってきてね!

 しかし、道はまだ半ば…
 はやぶさ2は、採集した砂(?)を持ち運ぶ任務が待っています。2020年年末を目指して、地球へ帰ってくるそうです。(帰りは早い?)
 無事に再突入まで成功して、目的を果たして欲しいですね!!